エントリー

【お茶を通じ日本の伝統と至福のひとときを届ける】

株式会社京はやしや

MESSAGE
代表メッセージ

くず練り
抹茶スイーツの先駆け的な存在として。
スイーツのひとつとして定番とも言われる抹茶パフェは、私たちが生みの親。
そのルーツは創業年の1753年に遡ります。
京はやしやは、宝暦3年(1753年)初代林屋新兵衛が加賀・金沢に茶店を開いたのが始まり。

明治11年には三代目林屋新兵衛が土や水、川霧に恵まれた京都・宇治に茶園を開き、
香味に優れたお茶を育ててまいりました。
当時の抹茶は茶席などでしか味わえない、特別な飲み物として位置づけられていたため、
もっと気軽に抹茶を楽しめるようにと試行錯誤を繰り返した結果、
多くの人々が楽しめる現在の抹茶パフェが誕生したのです。

そして時代は令和となりました。
代々の精神(こころ)を踏襲し、
「お茶は飲むだけでなく、茶葉そのものを食すことで、茶葉に含まれる豊富な栄養を摂取できる」という
先代からの考えをそのまま受け継ぎ、
時代にマッチする上質なお茶を使った美味しいスイーツの開発、抹茶スイーツをお客様へお届けしてまいります。
代表取締役 林屋 牧男

INTERVIEW
先輩インタビュー

お茶_1
樽栄 総研
専務取締役
京はやしやには飲食業界からの転職者も多いです。
飲食業のプロである彼らが最初に驚くのは製造現場。

人気のお店にも関わらず大量生産が容易なセントラルキッチンや既製品を使わずに、店舗ごとに製造している現場を見て
「こんなに手間暇をかけていると思わなかった」と一様に驚き、感想を漏らします。
セントラルキッチンや既製品にはそれぞれ素晴らしい点があるので否定をするつもりはありません。

それにも関わらず導入しない理由は、
私たち自身、そしてお客様も京はやしやに『チェーン店の味』を求めていないから。

こんなエピソードがあります。
あるお客様は特定のスタッフが作ったわらび餅が自分好みのため、
そのスタッフがいる時間を狙って来店されております。

同じ店はふたつとない、個性的なお店の集まりを京はやしやは目指しています。
お菓子製作
神田 保洋
店舗運営部
会社である以上は売上を伸ばさなくてはいけません。

でもそれを意識し過ぎると『ノルマ』や『目標達成』といったようなカタイ言葉が続いてしまい、仕事が楽しめません。
また失敗を恐れて萎縮し、新しい発想が生まれにくくもなります。

そこで京はやしやでは、「面白いかどうか」をひとつの判断基準としています。

完璧を求めてしまうと一歩が踏み出せないので、
少しでも可能性を感じるなら「面白いじゃん!」とポジティブに捉えて前に進める。
取り組む意識を変えるだけで随分と違うものです。

以前とあるケーキを開発して試食をしたら想像以上に美味しく仕上がり、
アトレ恵比寿店限定で販売したところ飛ぶように売れました。
ところがです。製造工程があまりにも大変すぎて追いつかず、途中で販売を中止…。でもこんな失敗もいい経験と捉えています。

あなたもまずは一歩踏み出してみませんか?

ABOUT US
会社について

0018712429
入社後の1ヶ月について/まずはお茶のプロを目指して…
◆導入研修◆
同じお茶でも淹れ方ひとつで大きく味が変わります。
その味の違い、そして茶葉の香りの違い、
わらび餅・抹茶ゼリー・葛ねり・白玉の調理方法などを学びます。

◆茶師さんの定期研修◆
年2回ほど京都のお茶の先生を訪ね、
種類、産地、淹れ方、温度などの知識を学びます。
この他、茶摘み体験などもあります。

この研修は2017年から導入し、
「知らなかったことだらけ」
「奥が深すぎてもっと増やしてほしい」
「研修のおかげでアイデアが広がった」など、定期研修は非常に好評です。

知識を深めた分だけ、次のヒット作につながる企画の引き出しが増えていきます。
0018712431
あなたの人生における目標とは。
日本にこれだけ多くの企業がある中から、
あなたと出会えたのも何かのご縁だと思っています。

長い人生で京はやしやにいる間を少しでもそして有意義な時間にしてほしい。
無駄にしてほしくない。という思いから、
三ヶ月に一度のペースで、自らが立てた目標の進捗を確認する話し合いの場を設けています。

将来独立する夢を持っている、
家族みんなが笑顔になれるように働くなど、夢や目標は人ぞれそれ。
ライフステージの変化によっては途中で軌道修正をすることもあるでしょう。

社員一人ひとりとしっかり向き合い全力で応援するので、
ぜひあなたの夢や目標を聞かせてください。
wapioka_B0_
トップダウンではなくボトムアップで仕事を楽しむ。
京はやしやは1753年に創業の非常に歴史と伝統のある会社ですが、
日本で最初に抹茶パフェを作った会社としても知られています。

じつはこういった商品の多くは、
日々お客様と接して生の声を聞いている現場からの発案によるもの。

経営陣や商品開発を担う一部の人間だけが考えているものではありません。

自分の意見や考えが自由に言える社風に加えて、
それが商品開発にもつながっているので、
主体性を持った人が集まった組織になりました。

京はやしやは、
先代・先々代が築きあげた歴史と伝統・文化を継承しつつ、
現場主導で時代にマッチした新しい商品をお客様に提供していきます。

PHOTO
職場風景

RECRUIT
採用情報

エントリー