京はやしやのご案内About

創業260余年、歴史と伝統を踏まえ、新しい時代に新しい茶文化を提案し続ける

京はやしやは、宝暦3年(1753年)初代林屋新兵衛が加賀・金沢に茶店を開いたのが始まりです。明治11年には、三代目林屋新兵衛が土や水、川霧に恵まれた京都・宇治に茶園を開きました。以来、この地で工夫と努力を重ね、香味に優れたお茶を育ててまいりました。

初代林屋新兵衛が創業した後、三代目が煎茶の茎を利用した「棒茶(ほうじ茎茶)」を開発。その後も四代目は「インスタントティー」・「缶詰茶」・「固形茶」、五代目は、コーラやコーヒーのない本当の意味での「茶を喫する店」を開き、茶席の特別な飲み物であった「抹茶」をもっと手軽に楽しめるようにと「抹茶ミルク」や「抹茶パフェ」などを開発し、その時代に合ったお茶の愉しみ方を提案してまいりました。

元祖「抹茶パフェ」が生まれたお店

昨今では抹茶カフェ、抹茶スイーツが多く存在しておりますが、初めて抹茶を使用したパフェを開発したのが京はやしやです。
昭和44年、当時流行っていたパフェに抹茶を使ってみようと考えた当時の社長の提案でした。

今でこそ一般的になった抹茶スイーツですが、古くから茶道のお茶席でしか振る舞われない抹茶をスイーツにすることは、当時はかなり前衛的なものでした。
当時より抹茶スイーツブームの先駆け的存在です。

現在は、代々の精神(こころ)を踏襲し、「お茶は飲むだけでなく、茶葉そのものを食すことで、茶葉に含まれる豊富な栄養を摂取できる」という先代からの考えを受け継ぎ、上質なお茶を使った美味しいスイーツを開発し、カフェやショップから抹茶スイーツにとっての最良のパフォーマンスを心がけ、お客様へお届けしております。

京はやしやは、選りすぐりのお茶を使用したカフェメニュー、スイーツで新しい茶文化を提案し続けてまいります。

PAGETOP